読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シネマとライブと雑多な日々

映画やライブを見て感じたこと、考えたことを気ままに綴ります。

♯今日の1本 2006年のマイベストワン映画『ゆれる』

2006年映画 邦画

女性である西川美和監督が描く、男兄弟の心の「ゆれ」。

女だから、男だから、という文脈で語りたくはないけれど、
この映画は監督の女性としての感性がとっても生かされた作品だと思う。

そもそも、こんな深くて、とらえどころのない心の「ゆれ」を作品にするのはすごく難しいのに、無理なくさらりとやってしまった感がある(本当は脚本も演出も練りに練ったもののようだが…)。

しかも、出来上がった作品は、西川監督の個性が色濃く出たものでありながら、作家性の強い作品にありがちな気取った感じや独りよがりな感じや、難解な感じがまったくない。

主人公は、家業を継いで地方に住む「兄」と東京に出てカメラマンとして成功した「弟」。母親の法事で故郷に帰った弟が兄とおさななじみの女性と3人で、山あいの川へ出かけたことで事件が起こる。

香川照之演じる「兄」は、まじめだけが取り柄という感じ。
独身で父親と同居して家業のガソリンスタンドを切り盛りしている。
従業員には慕われているが、女性には奥手の雰囲気だ。
父と折り合いの悪い弟には何かと気配りを見せ、やさしい。

一方、オダギリ・ジョー演じる「弟」は、
女にモテるが、女癖が悪く、でも、仕事はできて成功してる。
ある種の男には反感を抱かれるタイプ。
女性にとっては、惹かれちゃいけないと思いつつ、惹かれてしまう悪い奴。

オダギリ・ジョーがおさななじみの女性とキスしながら
「舌出せよ」というシーンがある。
も〜う、何と言うか、画面を見ながらドキドキした。
パンフ(発行:シネカノン)にあったオダギリ・ジョーのインタビューには、「冗談かもしれませんが、監督は、つきあってきた男性の、ひとつひとつの欠点を猛(弟)という役に投影しました、とも言っていました。怖い人です(笑)」とあった。

こんなところが、女性ならではの良さなんじゃないかと思うのだ。
男性が描くラブシーンの多くは、幻想に彩られすぎてて、
観ていてちっともドキドキしないことが多い…。

本題からズレてしまったが、この兄弟に起こった事件が
二人の関係をどう変えていくのか。

気配りのあるできた人間と思っていた兄の心にひそむ屈折した感情。この兄が洗濯物を畳むシーンが出てくるのだけれど、静かなシーンながら兄の心をのぞいてしまったようなコワイシーンに受け取れた。

展開に目が離せなくなり、時に共感したり、
「えーっ、そうなるの?」と心で叫んでみたり、
見ているこっちの心も大きく「ゆれる」この作品。
かなりオススメの1本。

[http://:title]

 

ノベライズ小説も出ていたのですね。知らなかった。

[http://:title]