読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シネマとライブと雑多な日々

映画やライブを見て感じたこと、考えたことを気ままに綴ります。

#私的名画シリーズ アラン・リックマンが印象的だった、笑えて泣ける「ギャラクシー・クエスト」

サンダーバード」や「スタートレック」「宇宙戦艦ヤマト」で育った世代にはたまらない映画。熱中度が低くても十分楽しめるが、熱中度が高かった人ほど、爆笑頻度は高い。

トーリーは。。。

TV番組「ギャラクシー・クエスト」の出演俳優たちが、物語さながらの宇宙戦争に巻き込まれてしまうという話。いかにも!の、B級ノリで、パロディもふんだんだが、出演者もスタッフも一流どころが顔をそろえたドリームワークス作品。仕上がりも超A級だ。

公開された2001年2月。現在は休館中の渋谷シネクイントで観たのだけれど。。。

当時、前評判では感動すると聞いていたが、この設定で、このバカバカしさで、泣けるわけがないだろうと高をくくっていたところ、うるうる、ジワジワシーンが結構あって、「失礼しました!」と心の中で謝った。

映画ならではの奇想天外さ、作り手の愛とこだわりが感じられる、あったかい映画だ。

出演者で特にいいのが、トカゲヘッドのアラン・リックマン。何に対しても投げやりな風情がすごくよくて、クールなんだけど、何とも言えないおかしみがにじみ出ていてすごく印象に残る。

当時、映画を観た後に、「ダイハード」のテロリスト役と知って、びっくりした記憶がある。さすが役者! この映画の彼は、確かにそうだけど、同一人物とは思えない化けっぷりだった。晩年は、ハリー・ポッターシリーズで知られた役者さんだけれど、アラン・リックマンというと、私はこの映画の彼を思い出してしまう。

この映画でギモンだったのは。シガニー・ウィーバーの胸。叶姉妹ほどではないが、かなりの豊満ぶりで、思わずギモンがむくむく。でも、こういうラフで楽しい映画に出るシガニー・ウィーバーって好き。最近、あまり映画で見ないけれど。どうしているのだろう。